スポンサーサイト
2015.01.05 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ノケモノと花嫁 THE MANGA/漫画:中村明日美子, 原作:幾原邦彦 1巻
2009.12.17 Thursday 14:11
フランケンシュタインズモンスターを偏愛するラブリー乙女ってどこかで見たネタの気もするけれどどこだったかしら/昔私が書いたホンにそんなのがあった気もするというかまあそれ自体はベタと言えばベタ、なんだけれど
ラブリーすぎてはなぢが出そうな漫画であろう、たぶん
ネット上のスラングの使われ方が結構奇妙なネトゲー感
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スラムダンクのお話
2009.12.06 Sunday 14:44
まんが難民に捧ぐ、「女子まんが学入門」第2回
関係性に萌える『スラムダンク』〜スポ根としての女子まんが序論(2)〜
本作の最終話に描かれた最上級のカタルシスは「桜木と流川のハイタッチ」でありました。物語の当初からいがみ合い続けながら、その実心の中ではお互いを認 め合っていて、それが遂に抑えきれず発露した瞬間の絶大な「萌え」たるや! 「最強の敵」である山王に勝利したことよりも、もしかしたら井上雄彦先生はこ の見開きが描きたかったがために、『スラムダンク』という物語をつづってきたのではないか? とすら思えます。
あまりにも酷い読みなので文句。
セルフィッシュなプレイヤーがそれぞれが超えるべきハードルとして山王というチーム/および自分より格上のプレイヤーに対峙した時、各々がそのハードルを超えるためというあくまで自己中心的な行動としてそれぞれのエゴを超えたラストのパス×2があって、それをこういう風につまらない読み方に落としてしまうのはどうなの、みたいな。
1on1がだれよりも強ければそれが本当に最強のプレイヤーなのか/本当に強いプレイヤーというのは何か、一番上手いプレイヤーが最良のプレイをするのか、みたいな命題でしょう、スラムダンクで描かれたのって。
それくらいバスケットボールは個人の資質がゲームを左右する競技で、チーム全体がシステマチックに行動すればプレイヤーの身体能力の差を簡単に超えられるのかというとなかなか超えられないわけで。各々のプレイヤーが個人として独立しているのは競技の性質上当り前で、そんな事も理解せずにスポーツ漫画を語らないでくださいとしか言えません。
赤木にしてもまず最初に勝利ありき、というプレイヤーであって、古典スポコン的な全体主義を象徴しているかというと全く違う。赤城は勝利のためにチームをまとめる責任を自ら背負いこむのであって、団結という目的の結果としての勝利なんかこれっぽっちも求めていない。彼自身もその責任意識からこそセルフィッシュなプレイヤーで、その限界が山王戦で散々描かれたんじゃないの?
つーか集団競技漫画の快感は全体主義的な点だ、とかそれが男性が好むものだとかいう発想からして変だわ。
個々の能力がその最大限の高みで止揚されればこその「俺たちは強い」であり、最後のハイタッチであり、山王戦での勝利でしょうに。
だいたいヤンキー臭なんてバスケットボールの文化的背景を知っていたら普通に不良である事というのは出てきてしかるべきお話でしょう。
こういう読み方しかできない女子ばっか/たぶん男子も/だから井上雄彦がスラムダンクの801同人に対してすごい怒ったんじゃないのかなあとしか思えないのでした。
競技者であること/勝利することの意味を舐めすぎてるんじゃないの。
| miruna | まんが | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
乙女座・スピカ・真珠星―タカハシマコ短編集
2009.12.04 Friday 13:07
どこかで毒が抜けたとか書いてあったけれど、タカハシマコはショタ漫画に関してははじめから毒気なんかあんまりなくって、そしてこの短編集は女の子をめぐる物語というよりは可愛い男子をめぐる物語なので毒気なんかなくて当然なのでしたまる
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アスクライブ・トゥ・ヘヴン/杉崎ゆきる 1巻
2009.10.10 Saturday 17:19
SFとは何なのかなんて事を全く知らない私にとって、SFとはこういう物語であろう、いいえあるべき、というお話。
絶望的な環境にいることすら理解させてくれない世界での、桜野みねねと天野こずえのいいところを足して割ったような、純粋すぎる祈りにも等しい願いが素敵すぎる。
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
放浪息子/志村貴子 9巻
2009.07.31 Friday 08:15
すきなものしか
すきじゃないので
きらいなものは
徹底してきらいです

二鳥くんは友達に恵まれてるね
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おと×まほ/すえみつぢっか作画 白瀬修原作 1巻
2009.07.28 Tuesday 15:00
良い漫画
女装少年というジャンルも地味に定着してきた
原作は別に読まなくても良いと思う
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CLOTH ROAD/倉田英之原作 OKAMA作画
2009.07.05 Sunday 17:38
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
よくわかる現代魔法/宮下未紀 桜坂洋原作 1巻
2009.07.01 Wednesday 17:47
脳筋作家のアレな原作がこんなにセンシティヴに。
宮下美己さんてイラストレーターとしてはあんまり魅力的じゃないのに漫画家としてはとても魅力的よね。
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
絶対☆アイドル /須田洋 ぎん太
2008.09.12 Friday 15:01
 これは良い少女少年
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
神のみぞ知るセカイ/若木民喜 1巻
2008.08.27 Wednesday 15:59
救済=宗教の最少単位としての恋愛という超ストレートな漫画。
延長線上には多分贖いの聖者とかがあるとおもう。

桂馬くんが可愛い男の子という設定が無いと成立しないお話で、これは何気に大好きかもしれない。女装まだかなー?
| miruna | まんが | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/10 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM